Hopinでのイベントに話し手を追加する方法

  • 更新

All_plans_.png

話し手を追加すると、よりしっかりとした構成になり、参加者にとってより有益なイベントになります。

話し手を追加するために必要な作業は次の通りです。

  • イベントダッシュボードの左のサイドバーにあるゲストタブをクリックし、話し手をクリックします。
  • 話し手を追加には、話し手のプロフィールを作成するか、参加者を話し手として追加する2通りの方法があります。

image1.png

話し手のプロフィールの作成

話し手のプロフィールを作成ボタンをクリックすると、モーダルが開き、次の項目を入力できます。

Screenshot_2021-07-08_at_14.16.02.png

  • プロフィール写真
  • 名(必須)
  • 姓(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • 見出し
  • ウェブサイトへのリンク
  • ツイッター
  • LinkedIn

話し手のプロフィールが保存されると、イベント登録ページの話し手セクションにその話し手が自動的に表示されます。

image3.png

オーガナイザーが、これらの話し手のプロフィールをスケジュール済みのセグメントに追加することも可能です。

image4.png

注:この操作により、話し手がイベントに登録されることはありません。 話し手は依然として、チケットの登録またはマジックリンク招待を通じてイベントに登録する必要があります。 話し手がイベントに登録する前に話し手のプロフィールが作成された場合、Hopinプロフィールと話し手のプロフィールは統合されません。イベント中にはHopinの個人プロフィールではなく、話し手のプロフィールが表示されます。

参加者を話し手として追加

登録済みの参加者を話し手としてイベントに追加する場合は、こちらの方法が最善です。 参加者を話し手として追加ボタンをクリックして、話し手を選択フィールドに名前を入力します。 image5.png

注:話し手として選択するには、話し手がチケットを使ってイベントに登録済みである必要があります。 話し手がイベントに登録済みの場合は、入力と同時にその名前が自動的に表示されます。 一度に追加できる話し手は1人のみです。

100文字以内で話し手の見出しを追加し、保存をクリックして変更を適用します。

スケジュールからの話し手の追加

新しいセグメントを作成したり、既存のセグメントを編集したりする際に、スケジュールから直接話し手を作成することもできます。 これにより、うっかり忘れてしまった場合に行ったり来たりする時間を節約できます。 

[イベントダッシュボード] > [会場] > [スケジュール]を選択して[スケジュール]ページに移動し、講演者を追加するセグメントを開くか、 [スケジュールに追加]をクリックします。creating_speaker_in_sched.png [講演者]の見出しが表示されるまでページを下にスクロールして、講演者名を入力します。 まだ話し手リストに名前を追加していない場合は、話し手プロフィールを作成するオプションが表示されます。 「話し手の名前」を作成をクリックして、新しいプロフィールを作成します。create_speaker_in_sched_2.png

これで、話し手の詳細を入力できるページが表示されます。 最後に保存をクリックするのを忘れないでください!  

create_speaker_in_sched_3.png

スケジュールセグメントの作成または編集が終了したら、保存をクリックします。

イベントダッシュボード > ゲスト > 話し手に移動すると、新しいスピーカーがここにも表示され、編集や削除が行えます。 create_speaker_in_sched_4.png

以上です! これで話し手が追加され、イベントのレセプションページに表示されるようになります。 ステージでライブ動画が配信されていない場合は、話し手の情報が参加者に表示されます。

イベントのステージセグメントを最大限活用する方法の詳細については、バックステージのチュートリアルステージのチュートリアルをご覧ください。

 

ご不明な点がございましたら、またはサポートが必要な場合は、 support@hopin.com までお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?