✅ 7:展示のチュートリアル

  • 更新

All_plans_.png

Hopinの展示会エリアは、イベントのデジタル展示ブースが集まった展示ホールです。 展示エリアはオーガナイザーにとって、イベントの重要なエリアです。

参加者は展示会エリアを訪れ、出展者やスポンサーから関連製品やリソースの情報を得ることができます。

展示会エリアは展示会やフェアなどの様々な展示に最適で、イベント参加者が自由に「歩き回り」、興味のあるブースを訪れ、出展者とやり取りし、購買行動を起こすことができます。

イベントの各ブースには、録画済みまたはライブのビデオ、ブランドコンテンツ、Webサイトやツイッターのリンク、特別オファー、ライブカメラによる営業担当者との会話、カスタムボタンCTAが使用できます。

イベントのブースを作成するのはイベント担当者です。出展者がブースに変更を加えたい場合は、イベント担当者に変更を依頼する必要があります。

ブースの作成方法

展示ブースの作成手順は次のとおりです。

  • Hopinアカウントにサインインして、組織に移動し、イベントを選択します。

  • イベントダッシュボードの左側のメニューで会場 > 展示タブの順にクリックします。

  • ブースを追加をクリックしてブースの情報を入力します。

add_booth.png

展示ブースの作成

ブースの追加画面の各フィールドの 説明と使い方は次の通りです。 説明と使い方は次の通りです。

  • 出展者名

    会社、製品、アイデア、コンテンツの名前です。 出展者名は、「Acme Co」または「登録リスト」などに設定できます。 名前は使い方次第です。

    出展者のメールアドレス

    関心を登録ボタンをクリックした際に参加者からのメールが送信される宛先のメールアドレスです。

    出展者の見出し

    出展者に関する短いテキスト(例:出展者のモットーまたは重要なメッセージ)。

    優先度

    展示ページでは、ブースの並びを1~1000の数字で降順に管理します。 1のブースが一番はじめに表示され、1000のブースが最後に表示されます。

    ブースサイズ

    サイズはイベントにおけるその展示ブースの重要性を反映しています。 ミニ、スモール、ミディアム、ラージから、スポンサーのレベルに合わせて選べます。

    Add-Booth-Hopin__1_.png

    :同じサイズのブースを作成し、同じ優先順位番号を割り当てた場合、システムはブースを(アルファベット順ではなく)作成された順序に従って時系列で並べ替えます。 つまり、最初に作成されたブースが最初に表示されます。

    リード検索ライセンス(ハイブリッドのみ)

    ハイブリッドイベントを開催する場合は、展示ブース出展者がイベントでリードを追跡して収集できるように、「リード検索クレジット」を割り当てることが可能です。 詳細については、こちらの記事をご覧ください(上位プランのみ)。

    Add-Booth-Hopin__1_.png

    ライブプレビュー(デスクトップ)

    展示ブースのサイズ、背景画像、ロゴをリアルタイムで確認できるプレビューです。 背景とロゴの画像が中央に表示され、いくつかの画面サイズにフィットすることを確認してください。

    参考資料:画像サイズのガイドを参考に、画像がイベント画面にピッタリとフィットするようにしましょう。 画像を追加すると、プレビューでは伸びて表示される場合がありますが、適切な画像サイズを使用していれば、実際のイベントではきちんと表示されます。

    image2.png

    情報

    イベントの参加者がブースについて把握するための短い説明です。

    タグ

    カテゴリー別にブースを整理するためのラベルまたはフィルターで、参加者がイベント中に複数ブースを素早く行き来できるようにするためのものです。

  • コンテンツプロバイダー

    展示にコンテンツを表示する方法にはいくつかあります。

    image3.png

    注:ビデオを共有している場合は、必ずプライバシー設定を確認して、イベント中にオーディエンスがビデオを視聴できるようにしてください。 

    事前に録画済みのビデオ

    展示には、YouTube、VimeoまたはWistiaから事前に録画したビデオを配置することができます。 コンテンツプロバイダー、プロバイダーの順に選択し、ハイパーリンクからビデオIDをペーストして、 「保存」をクリックします。

    備考:ストリーム識別子フィールドには、URL全体ではなくIDのみを入力します。 URL全体を使用したり、リンクにタイムコード(例:LXb3EKWsInQ&t=26)が追加されている場合は、エラーが発生します。

    例: YouTubeのURLが「 https://www.youtube.com/watch?v=LXb3EKWsInQ」の場合は、「=」記号の後の「LXb3EKWsInQ」だけを使用します。

    YouTubeプレイリスト

    YouTubeのプレイリストを追加すると、参加者が見たい動画を選べるようになります。

    備考:プレイリストのリンクにはhttps://www.youtube.com/playlist?list=を含める必要があります。

    image4.png

    リンクはYouTubeウィンドウの右下にあるプレイリスト名をクリックして取得できます。

    YouTube Liveストリームビデオ

    カメラを使用、またはYouTube StudioのRTMPを介してライブ配信し、ストリームをHopinの展示ブースに送信します。

    セッション

    セッションを選択すると、展示ブースを訪れた最大10人の参加者とライブチャットセッションを行うと同時に、フォールバックプロバイダーを設定することで事前録画済みのビデオを再生することもできます。

    イベント担当者は、展示ブースの設定でブース出展者を「モデレーター」に任命する必要があります。これにより、出展者はライブセッション中にスクリーン上またはスクリーン外に表示される参加者を管理できます。

    備考:モデレーターとして追加するユーザーは、事前にイベントへの登録を完了させる必要があります。

    image5.png

    image2.gif

    ヒント:ビデオエリアをダブルクリックすると、セッション中に話し手または画面共有ビューを拡張できます。

    フォールバックプロバイダー(セッションを選択した場合)

    ブースコンテンツプロバイダーがセッションに設定されると、フォールバックプロバイダーオプションが利用可能になります。

    image6.pngフォールバックプロバイダーを設定すると、ブースに誰もライブのユーザーがいなくなった際に事前に準備されたスライドショーやビデオが表示されます。 この機能には、YouTube、Vimeo、Wistia、Googleスライドのビデオが使用できます。

    オーガナイザーとモデレーターは、いつでもフォールバックプロバイダーのオンオフを切り替えて、ライブビデオとフォールバックプロバイダーを自由に切り替えることができます。

    注:これは、出展者がライブビデオと事前に準備されたコンテンツの両方を使用する唯一の手段です。

    image7.png

    Googleスライド

    Webに公開されているスライドプレゼンテーションのリンクが使用できます。

    ヒント:公開済みのスライドのリンクは、Webに非公開時の https://docs.google.com/presentation/d/とは異なり、必ず https://docs.google.com/presentation/d/e/で始まります。

    image8.png

    image9.png

    スライドは、スライドページのファイル > Webに公開メニューで簡単に公開できます。

    備考:スライドが公開されたら、(ページ上部のブラウザのアドレスバーではなく)ポップアップウィンドウ内のリンクをコピーしてください。 プレゼンテーションがスライドで自動的に進むように設定されていても、ブースでは自動的に進みません。

    image10.png

    備考:ミニサイズのブースには、セッションモードの場合「ライブ」アイコンが表示されません。 ライブタグはラージ、ミディアム、スモールサイズの展示ブースで、ユーザーが展示ページを読み込んだ時点でライブセッションモードになっている場合にのみ表示されます。 フォールバックプロバイダーに切り替えられた場合は、ライブとは表示されません。

    image__6_.png

  • Webサイトへのリンク

    ボタンアクションがウェブサイトへのリンクに設定されている場合に、出展者のウェブサイトに移動するリンク。

    ツイッターリンク

    ソーシャルメディアで出展者と連絡を取るためのTwitterプロフィールへのリンク。

    Facebookリンク

    ソーシャルメディアで出展者と連絡を取るためのFacebookプロフィールへのリンク。

    Instagramリンク

    ソーシャルメディアで出展者と連絡を取るためのInstagramプロフィールへのリンク。

    Linkedinリンク

    ソーシャルメディアで出展者と連絡を取るためのLinkedinプロフィールへのリンク。

  • その他

    このフィールドには、ブース訪問者への特別オファーを入力します。 割引や特別アクセス、クーポンコードなど、何でも構いません。 これはオプションのテキストであり、プログラムには関連付けられていません。

    ボタンテキスト

    参加者への行動喚起に使用する短いテキストです。

    ボタンアクション

    関心の登録」(クリックすると参加者のメールアドレスが出展者にメールで送信されます)または「ウェブサイトへのリンク」(ウェブサイトや外部リソースが開き、出展者の他のコンテンツをダウンロードできます)から選べます。

    image11.png

    参加者が[興味を登録]ボタンをクリックすると、次のようなメールが届きます。

    likeethatbooth_-_Ced_Dauffenbach.jpeg

  • アプリ

    「アプリを追加」ボタンをクリックすると、 Hopin App Storeにリダイレクトされます。そこでは、イベント用にさまざまなアプリを有効化できます。 こちらの記事をチェックして、展示ブースで利用できるアプリをご確認ください。

    expo_booth.png

    これらを有効にすると、イベントダッシュボードの「展示会」ページに戻り、希望のアプリをイベントでフィーチャーするために必要な情報を追加できるようになります。 

     

    追加情報エリア

    コンテンツエリアを使用して、参加者が閲覧できるようブースの追加情報を入力できます。 セットアップ方法はこちらのガイドをご覧ください。

展示チャット

イベントがライブになると、参加者が専用のブースチャットで出展者とチャットできるようになります。

ヒント: 出展者は、参加者に役立つ可能性のある(出展者や外部リソースについての詳細を含む)固定メッセージをブースチャットに送信するよう、イベント担当者に依頼できます。

備考:

  • 展示ブースを録画してコンピューター上にローカルで保存する場合は、サードパーティー画面録画ツール(OBS、Camtasia Studio など)をご使用ください。

  • 同時に作成・実行できる展示ブースの最大数は無制限です。

  • セッションタイプに設定された展示ブースに参加できるのは10人までです(話し手または画面共有)。 セッションタイプに設定されている展示ブースを視聴できるのは、5,000人までです。 展示ブースの参加者や視聴者の上限に関する詳細は、画面上と視聴者の最大人数の記事をご覧ください。

以上です! これでオンラインイベントの展示ブースの作成・調整方法が把握できました。

ご質問がある場合やサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?