Hopinバックステージに関するよくある質問

  • 更新

バックステージの仕組みに関する詳細については、Hopinバックステージのチュートリアルをご覧ください。

Q: Hopinバックステージとは?

A: Hopinバックステージは、話し手とオーガナイザーが、参加者の前でライブとなる前にリハーサルを行うための非公開の動画とチャットエリアです。

Q: バックステージにアクセスするには?

A: [概要]ページ、またはイベントダッシュボードの[ステージ]タブを介してアクセスできます。 詳細ガイドはこちらをご覧ください。

Q: 話し手がバックステージからステージに配信するには、何が必要ですか?

A: 話し手はバックステージにアクセスして、[音声と動画を共有]ボタンをクリックする必要があります。 承認のため、画面の右下にあるオーガナイザーの設定パネルに名前がポップアップします。 承認すると、話し手が画面に登場します。 バックステージからステージへとライブにする場合は、オーガナイザーのみが[配信]ボタンをクリックできます

Q: イベントの開始時には、バックステージエリアを配信する必要がある、またはステージに直接配信できますか?

A: オーガナイザーは配信する必要があります。 配信を開始するまで、ステージには何も表示されません。 配信が開始すると、ステージがライブになります。

Q: バックステージは誰がモデレートできますか?

A: オーガナイザーのみがバックステージをモデレートできます。

Q: モデレーターとして画面に登場し続ける必要がある、またはマイクとカメラをオフにしてもバックステージを操作できますか?

A: バックステージを操作する場合、画面に登場し続ける必要はありません。 バックステージを閲覧しつつ、操作できます。

Q: バックステージには一度に何人を登場させることができますか?

A: オーディオとビデオあり(画面共有を除く)では最大10名のゲスト、なしの場合は最大500名のゲストが参加できます。

Q: バックステージに画面の共有オプションはありますか?

A: はい、バックステージで画面を共有できます。 画面の共有オプションは一度に1名と限られており、画面の共有を停止するまで、他の話し手・プレゼンターはグレー表示されます。 セッションの話し手が4人いて、そのうちの1人が画面を共有する場合、共有されている画面が5人目としてカウントされます。

Q: 話し手は、メインイベントの前にバックステージにアクセスできますか? イベントが開始する前に試してみたいと考えています。

A:もちろんです! バックステージは、イベントの開始前にいつでもアクセスできます。 つまり、バックステージリンクを持つ方であれば、イベントの開始前にバックステージにアクセスすることはできますが、オーガナイザーの承認なしでは画面に登場する、またはステージには配信できないことを意味します。

Q: セッションで表示するにはバックステージが必要ですか?

A: いいえ、必要ありません。 メインステージに配信するには、バックステージのみが必要です。 セッションで表示するには、イベントの[セッション]タブをクリックして、[音声と動画を共有]ボタンをクリックします。

Q: RTMPオプションを使用して、同時にバックステージからストリームできますか?

A: バックステージからRTMPに切り替えると、RTMPストリームはバックステージストリームをカットして、バックステージを上書きします。

 

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?