HopinとZoomとの違いは?

  • 更新

All_plans_.png

Hopinは業界を先駆けたオールインワン・イベントプラットフォームで、参加者が世界中のどこからでも学び、やり取りし、人々とのつながりを築ける場です。

イベントをより持続的で、アクセスしやすく、安全なものにするHopinの革新的なツールを使って、対面式のイベントを再現(またはハイブリッド化)できます。

Hopinプラットフォームで開催されるイベントでは、参加者は、1対1のネットワーク、グループセッション、基調講演の視聴、チャットメッセージや投票、交流型展示エリアの見学などができます。 スピーカー向けの非公開バーチャルバックステージもあります。

ZoomとHopinの違い

  • Zoomには、受付エリア、スケジュール、ユーザープロファイル、直接ビデオ通話、展示エリア、スポンサーのブランディング機会、バックステージ、複数レベルのチャットなどはありません。 Hopinにはあります。
  • Zoomはチケットの販売や、1対1のミーティングの自動化、複数の同時放送、ブレイクアウトルームの同時進行はできません。
  • Hopinのライブビデオでは、1対1のマッチング、チケットレベルによるアクセス権限を設けたバーチャルな座談会「セッション」、複数のステージ(Hopinの拡張機能)、交流型ベンダーブースなど、集客に強いモードが目白押しです。
  • Zoomは50人前後までならいいのですが、Zoomミーティングの参加者が数百人、数千人、数万人になると、イベントとしての管や参加のが難しくなります。
  • Hopinは50人〜100,000人までのイベントに対応しています。 イベント会場としてのHopinは、現実のコンベンションセンターやコンサートホール、サミット会場のように、広範囲での効果的で個人的な交流を目的として構築されています。 ユーザーはイベントのエリアを見学し、興味のあるコンテンツや知り合いたい人々を見つけることができます。
  • Zoomは、イベントの登録、スケジューリング、プログラミング、分析、マーケティングオートメーション、デザインなどの重要なイベントコンポーネントの提供に、外部のアプリケーションを必要とします。 これらはすべてHopinに組み込まれ、統合されているため、シームレスです。

TLDR:Zoomはミーティングに適していますが、Hopinはビジネスを構築できるオールインワンのコンファレンス・ライブイベント・プラットフォームです。

5分でわかるHopinの情報デッキをチェックして、Hopinがチームや企業にどのような価値を提供しているかを確認してください。

Twitterでは、@hopinofficialまでお気軽にお問い合わせください。


ご質問がある場合やサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

 

この記事は役に立ちましたか?