✅ 3. Hopinで初めてのイベントを作成する

  • 更新

All_plans_.png5_copy.jpg

ぱっと見たところ、Hopinのダッシュボードには少し戸惑ってしまうかもしれせんが、1~2回使用すれば、Hopinで簡単にイベントを設定することができます。 使い慣れるようにしてください。

以下は、最初から最後まで、初めてのオンラインイベントを開催するときに必要なすべての知識が得られる、段階的なチュートリアルです。

このトレーニング演習では、参加者が閲覧できるバーチャル会場のような、簡単なイベントを設定する方法を学びます。 このイベントでスケジュールは作成しません。

ステップ1:イベントを作成する

アカウントにログインし、[イベントを作成]ボタンをクリックします。

Screenshot_2021-08-28_at_11.25.58.png

[新規イベント]画面と次のクイックメニューが表示されます。

Screenshot_2021-08-28_at_11.29.58.png

名前。 イベント名は、イベントダッシュボードからいつでも変更できます。

開始/終了の日付と時間。 上位プランでは最大240時間まで延長できます)。

備考:イベント時間は制限されており、イベントが終了するまで、指定した終了時間から5分間は有効です。 時間が延長しそうな場合は、プランの最大許容時間内であれば、イベントの終了時間を延長できます。

イベントタイプ:

  • 公開されたイベントはイベントマーケットプレイスに表示され、露出を増やしてチケット売上を向上します。 公開されたイベントは、誰でも見つけて参加できます(検索エンジンによってインデックスされます)。
  • 限定公開イベントは、リンクを介して、または招待のみで参加できます。
  • 非公開のイベントは、パスワードで保護されています。 テストイベントや、プライバシー上の理由によりアクセスを制限するイベントに適しています。
備考:無料プランをご利用の場合は、非公開イベントのみ作成できます。プライベートイベントおよび非公開イベントは、検索エンジンによってインデックス登録されませんのでご了承ください。

左の[公開]をクリックして、イベントを公開します。

設定を更新する

イベントを作成し、[設定] > [基本情報に移動して詳細設定を構成します。 ]

make_an_event.png

イベント名や開始・終了時間など、既存の設定も変更できます。 他の設定にも留意します。

スケジュール

タイムゾーンは、参加者の地域に合わせて自動的にローカライズされます。 タイムゾーンを選択すると、後で簡単にスケジュールを作成できます(別のレッスンをご覧ください)。

イベントバナーは、1500x600pxの画像が適しています。

ここでイベントバナーをアップロードすると、登録ページ、レセプションページ、メインステージの背景に表示されます。

この画像は背景でイベント名のテキストと重ね合わせられるため、テキストのない画像をアップロードすることをおすすめします。 画像をアップロードしない場合は、デフォルトの写真が使用されます。

イベントバナーは、1500x600pxの画像が適しています。

ヒント:イベント全体で画像をフィットさせるには、画像サイズのガイドをご覧ください。

イベントセグメント

イベントの目標や特性に基づいて、これらのエリアを組み合わせる、またはすべて選択することができます。

  • ステージセグメントは、ライブの話し手、プレゼンテーション、対話、インタビュー、ライブストリーミング、ウェビナーに適しています。 ステージには最大5人のゲストが登場し、10万人の参加者がイベントのステージを視聴できます。
  • セッションは、ライブ動画によるグループディスカッションや円卓会議を行う場所です。 セッションでユーザー(と参加者)は、トピックに基づいてバーチャル型の円卓会議を設定できます。 最大20人の参加者が「椅子に座り」、ライブカメラでセッションに参加できます。 最大500人のゲストが、(カメラで登場せずに)セッションを視聴できます。
  • ネットワーキングは、1対1の会話を行う場所です。 参加者はランダムにマッチングされ、つながりを作ることができます(Hopinでは連絡先を交換して、簡単にフォローアップできます)。 対話時間を設定することができます。 イベントで、参加者が同じゲストと2回対面することはありません。
  • 展示会では、2個でも200個でも、バーチャルベンダーブースを設定できます。
  • リプレイは、参加者にイベントの録画映像を表示します(有料プランのみ)。

イベントの目標や特性に基づいて、これらのエリアを組み合わせる、またはすべて選択することができます。

先行アクセス

先行アクセスをオンにすると、参加者は開始日の2週間前までイベントのレセプションエリアにアクセスできます。

詳細については、ガイドをご覧ください。

高度な設定.

詳細設定:テキストをクリックして展開し、詳細設定を表示します。

イベントタイプ

以前に選択したイベントタイプを変更します。

デバイスアクセス

イベントに参加するため、参加者がログイン情報を共有することが不安な場合は、同時に使用できるデバイスまたはブラウザタブを1つに制限できます。 ユーザーには通知が届き、複数回参加する場合には切り替えオプションが与えられます。 これを有効にするには、「参加者のオープンデバイスとタブを制限する」をオンにします。

最後にページ下の[保存]をクリックして続行します。

セッションの表示

デフォルトでは、セッションがスケジュールセグメントに添付されている場合、設定時間の前後5分間のみ表示されます。 ただし、ここではセッションがスケジュールされたセグメント時間よりも長く表示するよう調整できます。

Screenshot_2021-08-28_at_11.31.35.png

ステップ2:イベントの登録ページを設定する

登録ページは、チケットを介して参加者がイベントに登録する場所です。 また登録ページには、設定されている場合、スポンサー、スケジュール、話し手、ブースなど、イベントの各種コンポーネントも表示されます。 バックグラウンドの場合、Hopinは独自の登録システムを構築しているため、参加者リストの支払いを収集、追跡、管理、受け入れるために別のプラットフォームを使用する必要がありません。 ただし、アドバンスドプランの場合は、イベントにワンクリックで参加できる「マジックリンク」とともに、Hopinのオンラインイベントで別の登録システムを使用することが可能です。 登録ツールでは、イベント用のチケット、プロモーションコード、ウェイティングリスト、登録フォームなどを設定できます。

登録ページには2つのオプションを設定できます。

  • デフォルトの登録スイートを使用します。 これは、[イベントダッシュボード] > [登録]タブに見つかります。
  • Hopin Canvasツールを使用して、カスタム登録ページを設定します(有料プランのみ)。 これは、[イベントダッシュボード] > [登録] > [登録ページ]に見つかります。

デフォルトの登録システムで登録ページを設定するにはこちらのガイド、ならびにCanvasツールでカスタム登録ページを設定するにはこちらのガイドに従ってください。

注:Hopinプラットフォームのイベントに参加するには、チケットが必要です。 講演者、(あなたを含む)オーガナイザー、スタッフメンバーは全員、イベントに参加するためにチケットが必要です。

もうすぐ完了です! あと1ステップです。

ステップ3:レセプションページを作成する

[会場]タブに移動して、イベントダッシュボードで[レセプション]タブを見つけます。

ここではイベントのウェルカムメッセージを入力します。 これは参加者がイベントに参加すると最初に表示されるメッセージのため、内容を伝えるために重要です。

スケジュールのイベントを主催する場合は、こちらに計画を入力します。 たとえば、参加者が初めてイベントに参加した場合は、どこにアクセスさせますか? その情報をここに入力します。 「このイベントを最大限に活用するには」などのメッセージには効果があります。

またレセプションページには、参加者に伝えたいリソースのリンクも追加できます。

スポンサー

イベントにスポンサーがいる場合、レセプションページに表示するには、最初に[会場]タブから追加します。 追加された後に[レセプション]タブに戻り、スポンサーを追加します。

image5.png

スポンサーロゴには3つのティア(ゴールド、シルバー、ブロンズ)があります。 イベントにスポンサーを追加する方法の詳細については、 こちらをご覧ください。

image6.png

推奨:スケジュール話し手を追加する

ヒント:以下の画像のように、[会場]タブにはスケジュール、展示会、セッション、ステージなどの各種コンポーネントが用意されており、イベント用にカスタマイズ可能です。

image8.png

スケジュールを変更するには?

イベントにはスケジュールも追加できます。 スケジュールは、イベントの内容、場所、日時など、参加者に明確な構造と情報源を提供します。

スケジュールを作成すると、イベントの登録ページとレセプションページに自動的に表示されます。

スケジュールを作成するには、イベントダッシュボードの左メニューから[スケジュール]タブをクリックします。

セグメントは、次の情報を表示するスケジュールの項目です。

  • セグメント名(例:ウェルカムメッセージとイントロ)
  • セグメントタイプ(例:ステージ)
  • 開始時間(例:10:00 AM EST)
  • 話し手(例:ボビー・ジャンソン)

CSVファイルをアップロードしてスケジュールを作成することもできます。 スケジュールの作成方法の詳細については、 こちらのガイドをご覧ください。

スケジュールが設定されている場合は、イベントページ左の[エリア]アイコン(ステージ、セッション、ネットワーキングなど)に案内用のインジケーターが自動的に追加され、参加者は内容を知ることができます。 Hopinはユーザーのスケジュールを読み取り、イベントがスケジュールされたエリアに赤い「ライブ」タグを追加します。

スケジュールを変更するには?

イベント中にスケジュールを編集(例:話し手が登場しない)するには、イベントダッシュボードに移動して[スケジュール]タブを選択し、イベントのセグメントを編集します。 最後に[保存]をクリックすると、イベントは参加者が[更新]をクリック、またはイベントの他のエリアに移動したときに更新されます。

スケジュールの変更に関する詳細については、こちらの記事をご覧ください。

話し手

さまざまな方法でイベントに話し手を追加することができます。

話し手を追加する方法の1つとして、まず [イベントダッシュボード] > [ゲスト] > [話し手]のページに移動します。 ここでは、すべての話し手を追加、削除、編集できます。

話し手

イベントに話し手を追加する方法の詳細については、ガイドをご覧ください。

重要:まだイベントに登録していない講演者を追加する場合、その講演者は、あなたが作成した講演者プロフィールに記載されたメールアドレスを使用して、イベントに参加する必要があります。

話し手を追加した後に[スケジュール]エリアに戻り、参加しているセグメントを選択します。 [話し手]の見出しの下にあるドロップダウンボックスからは、既存の話し手のプロフィールを選択できます。 または、スケジュールから直接新しいプロフィールを作成することもできます。

セグメントと話し手を追加して、最後に[保存]をクリックします。 イベント前またはイベント中には、いつでもスケジュール、レセプションページ、(任意の)登録ページを変更できます。

ライブ配信する!

イベントをローンチするための準備が整いました。 他にもスポンサーやベンダーの追加など、たくさんの機能が使用できますが、これらは後でも設定できます。 ライブ配信してみましょう!

イベントダッシュボードに移動します。

続行するには[イベントを作成]ボタンをクリックします。

Screenshot_2021-08-29_at_12.51.25.png

イベントを公開すると、(イベントダッシュボードの概要ページから)登録ページのリンクをコピーして、宣伝することができます! 登録ページのリンクを共有する前には、必ずイベントを公開します。

変更が必要な場合、イベントの詳細はいつでも編集できるため、ライブ配信する前に完璧に整える必要はありません。 これで概要ページから、ビジター、登録者、収益が追跡できるようになりました。

おめでとうございます。 Hopinで初めてのオンラインイベントがライブ配信されました!

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?