Hopinバックステージ・チュートリアル

  • 更新

All_plans_.png

Hopinバックステージは、話し手とオーガナイザーが、参加者に向けたライブ配信の前にリハーサルを行える非公開ビデオチャットです。

バックステージへのアクセス

Hopinのステージセグメントには、話し手がステージに向けて配信を行うための専用バックステージがあります。

オーガナイザーは、イベントダッシュボードの「ステージ」タブでバックステージの詳細を確認できます。 イベントダッシュボード > 会場 > ステージでは、バックステージに2つの方法でアクセスできます。 複数のステージが表示されている場合は、希望のステージの バックステージをクリックすると、設定されたバックステージに直接移動できます。

注: イベントをまだプレビューしていない場合、バックステージにアクセスしようとすると、登録ページにリダイレクトされます。 

Screenshot_2021-07-25_at_11.23.03.png

また、編集をクリックして、使用するバックステージを選択し、ストリームヤードバックステージを表示またはHopinバックステージを表示をクリックすることもできます(どちらを使用するかによって異なります)。 また、 リンクをコピーをクリックしてバックステージのリンクをコピーして、別のブラウザに貼り付けたり、他のオーガナイザーや話し手と共有したりすることもできます。

image3.png

注:バックステージオプションを表示するには、ストリームプロバイダオプションがHopinに設定されていることを確認してください。

バックステージでのプレゼンテーションの準備

バックステージに入ると、ウェルカム画面が表示されます。

image2.png

バックステージの中央にある「オーディオとビデオの共有」ボタンをクリックして、ウェブカメラとマイクを選択します。

ヒント:ウェブブラウザ(ChromeまたはFirefox)で、コンピュータのマイクとカメラへのアクセスを許可してください。 Windows&Macのトラブルシューティング記事をご覧ください。
注意:この時点では、バックステージの音や映像はバックステージでのみ流れています。 ライブ配信の前に安心してテストでき、イベントの参加者がリハーサルの様子を見ることはできません。

オーディオとビデオにチェックを入れた状態で、「配信」ボタンをクリックすると、バックステージの映像がステージに表示されます。

Screenshot_2021-07-25_at_11.25.10.png

注:ステージ間で多少の遅延があり、メインステージにはバックステージに比べ10〜15秒の遅れが発生します。
ヒント:音が反響するのを防ぐため、バックステージ以外のすべてのタブをミュートしてください。 バックステージでプレゼンテーションに集中するため、メインステージはミュートして無視することをお勧めします。 参加者からの質問は、イベントチャットタブで確認・回答することができます。

画面左上のライブインジケータは、あなたのバックステージがライブであること、そして参加者がステージ上のあなたを見ていることを示します。

image4.png

「配信停止」ボタンをクリックすると、参加者向けのストリームが停止されます。 自分のステージセグメントが終了した場合はこのボタンを押します。 また、バックステージから退出する場合は、いつでも「退出」をクリックすることができます。

バックステージでのリセットボタンとは?

ストリーミング中に問題が発生した場合は、右上の黄色いリセットボタンでステージをリセットすることで、再始動させることができます。

Screenshot_2021-03-30_at_18.03.48.png

なお、RTMPでのストリーミング中は、リセットボタンを押すと、当該ステージ用のRTMPキーが自動的に新しく生成されますのでご注意ください。 その場合、その新しいキーをストリーミングソースに入力します。

また、リセットボタンを使用するとステージの録画が2つの部分に分割されます。 リセット前のストリームとリセット後のストリームです。

バックステージでのプレゼンテーションは、複数の話し手がいた方が楽しいものです。

話し手にバックステージリンクを共有するだけでOKです。 話し手が自身のアカウントにサインインし、「オーディオとビデオの共有を依頼する」ボタンをクリックすると、オーガナイザーの画面下部のモデレーションパネルに発言許可申請が表示されます。

注:話し手は、オーガナイザーダッシュボードの「話し手」タブに表示されていなくても、リンク経由でイベントのバックステージにアクセスすることができます。 バックステージへのリンク(通常、組織管理者またはイベント管理者から送信されます)を受け取った登録済み参加者は、誰でもバックステージにアクセスして、オーディオとビデオの共有許可を申請することができます。

image5.png

話し手のプロフィール写真をクリックすると、その人があなたと一緒にライブになります。

注:バックステージでは、1つの画面上に最大5人の話し手を表示することができます。また、バックステージリンクをフォローでき、メインステージのイベントの準備を見ることができるのは最大500人です。

一度に画面共有できるのは1人だけです。 1人の人が画面共有オプションを使用している間、他のプレゼンターや話し手の画面共有アイコンはグレー表示されます。

セッションの話し手が4人いて、そのうちの1人が画面共有する場合、共有されている画面が5人目としてカウントされます。

話し手のコーディネート

バックステージには、オーガナイザーが話し手とのやりとりやコーディネートをしたり、フィードバック、アイデアの共有などを行える専用のバックステージチャットが用意されています。

image6.png

話し手への指示やフィードバック、スケジュールの調整などは、バックステージリンクを使って話し手のみが閲覧できるチャットで行います。

あなたは話し手のオーディオを自分と全員に対してミュートすることはできますが、ミュートを解除できるのは話し手のみとなりますのでご注意ください。

image1.png

プライバシー警告:荒らし目的の人や無関係の人がイベントのバックステージにアクセスできないよう、バックステージリンクの共有は慎重に行ってください。

注: 話し手を配信から外す必要がある場合は、話し手の名前の横にある赤い点(左下)をクリックすると、画面から消すことができます
ヒント: イベントステージと話し手への指示については、 ステージチュートリアルをご覧ください。


ご質問がございましたら、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.com までお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?