展示ブースでのライブビデオから事前に録画されたビデオに切り替える

  • 更新

All_plans_.png

イベントにHopinを使用する大きな利点の1つは、Hopinの主要なビデオセグメント(ステージ、セッション、または展示)全体で、ライブビデオから事前に録画されたビデオに切り替えることができることです。 このガイドでは、展示ブースでそれを行う方法を説明します。

方法1

ブースでセッションを作成し、フォールバックプロバイダーを選択します。 ブースコンテンツプロバイダーがセッションに設定されると、フォールバックプロバイダーオプションが利用可能になります。その後、フォールバックプロバイダーオプションが利用可能になります。

YouTube、Vimeo、Wistiaビデオ、またはGoogleスライドをフォールバックプロバイダーとして展示ブースに設定できます。 その際、ブースにライブプレゼンターがいなければ、参加者はブースに参加する際に共有ビデオやスライドをチェックできます。

image1.png

オーガナイザーまたはモデレーターは、いつでもフォールバックプロバイダーをオンまたはオフに切り替えることができます。 フォールバックプロバイダーをオンに切り替えると、ストリームがライブビデオセッションから事前に録画されたビデオに切り替わります。

image2.png


方法2

ライブストリームに個人的に参加せずに、事前に録画したビデオまたは特別に用意されたGoogleスライドのみをブースに表示したい場合は、ブースのコンテンツプロバイダーをYouTube、Vimeo、Wistia、またはGoogleスライドに直接設定できます。

image3.png

ヒント: ブースにライブで参加する予定がない場合は、この方法を使用してください。
注:参加者は、自分のペースでプレゼンテーションをクリックし、ビデオを開始/一時停止することができます。

以上です!

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?