セッションでのライブビデオから事前に録画されたビデオへに切り替える

  • 更新

All_plans_.png

イベントにHopinを使用する大きな利点の1つは、Hopinの主要なビデオセグメント(ステージ、セッション、または展示)全体で、ライブビデオから事前に録画されたビデオに切り替えることができることです。 このガイドでは、セッションでそれを行う方法を説明します。

方法1

動画がYouTubeでホストされている場合は、YouTube共有機能を使用して、ライブプレゼンテーションを行っているときに動画を共有できます。

イベントダッシュボード([会場] > [セッション])でセッションを設定するときに、この機能が有効になっていることを確認してください。 特定のセッションの設定を変更することで、有効または無効にできます。

image1.png

セッションに参加したら、下のツールボックスでYouTubeボタンをクリックし、YouTube動画のURLをプップアップに追加するだけです。 [ビデオの共有]をクリックして、参加者との共有を開始します。

share_youtube_video.png


方法2

ライブプレゼンテーションで画面を共有します。

  • 専用のChromeタブで動画を開き、下部にある画面共有アイコンをクリックします。 ポップアップウィンドウで、Chromeタブ(またはPCの画面全体)をクリックします
  • ビデオのあるタブを選択します。 参加者が音声を聞くことができるように、必ずオーディオを共有のチェックボックスをオンにしてください。 共有をクリックして共有を開始します。

Screenshot_2021-07-25_at_10.33.36.png

参加者が音声をはっきりと聞くことができるように、サードパーティのアプリケーションを使用することもできます。 詳細については、こちらをクリックして、音声の共有に関するサポート記事をご覧ください。

注: Firefoxブラウザはサウンドがあるタブの共有をまだサポートしていません。

ご質問がある場合やサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?