参加者への自動メール

  • 更新

6.2.jpg

カスタムメールは、グロース、プロ、ビジネス、エンタープライズプランでのみご利用いただけます。

注:無料プランとスタータープランでは、これらのメールは自動的に送信され、編集はできません。 

Hopinでは、登録者に最大8件のメールを送ることができます。 以下は、すべてのHopinアカウントですでにアクティブなメールです。 これらは、イベントダッシュボードの「マーケティング」>「メールをカスタイマイズ」タブで見つかります。
たとえば、メールの配信にMailchimp統合機能を利用している場合は、「すべてのメールを停止」をクリックすることができます。
また、編集したいメールにカーソルを合わせると、以下のような追加のタスクを実行するためのオプションが表示されます。

  • ニーズを満たすようにメールテンプレートを編集する
  • メール配信を再開/無効化
  • 既定にメールテンプレートをリセットする
  • メールをプレビューする
  • オーガナイザーの判断で送信または停止する自動メールを選択する

Control-the-user-communications.png

注:Hopinメールは、こちらの記事に示されたリキッドテンプレートを使用して、編集できます。

メールの「ステータスは、以下のとおりです。

  • メールなし(メールを停止して、参加者には配信しません)
  • ドラフト(メールがドラフトモードの場合にテンプレートへの変更は完全に保存されません)
  • デフォルト(参加者に既定メールを送信します)
  • カスタムメール(ユーザーにカスタイマイズされたメールを送信します)

メールをカスタイマイズする方法の詳細については、 参加者に送信する自動メールをカスタイマイズの記事をご覧ください。

以下は、目的やイベントのチケットを購入した後に参加者が受け取るメールの外観など、既定メールの概要です。

1. 登録確認:ユーザーの登録時に送信します。

image3.png

2. 1時間前のリマインダー:イベントが開始する1時間前に送信します。

image5.png

3. 1日前のリマインダー:イベントが開始する1日前に送信します。

image4.png

4. マジックリンク招待:マジックリンクで招待を送信します。

image6.png

5. 開始時間の変更:イベントの開始時間が変更したときに送信します。

image2.png

6. 返金処理済み:バックオフィスの返金処理によってトリガーされます。

7. チケットのキャンセル:イベント主催者がチケットをキャンセルしたときにトリガーされます。

8. お知らせ:特定のお知らせがあるときに、イベントオーガナイザーが送信します。

9. 先行アクセス: 先行アクセスを有効にした場合、参加者はドアが開いたときに通知され、座席を予約し、アジェンダを設定し、ミーティングをスケジュールすることができます。

10. イベント終了後の招待状:イベント後のリプレイを有効にしている場合、参加者にはイベント終了後の招待状がイベント終了の2時間後に送信されます。

 

ご質問やサポートのお問い合わせは、support@hopin.comまでお気軽にお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?