参加者を削除して返金する方法

  • 更新

All_plans_.png5_copy.jpg

Stripe Directに移行することで、オーガナイザーは、Stripeアカウントを通じて領収書の作成や返金ができるようになります。

イベントダッシュボードから。 参加者への返金には注意すべき点がいくつかあります。

  • 参加者に返金すると、チケットの支払い価格(プロモーションコードが適用される場合があり、元のチケット価格ではなく支払い価格になる場合があります)が参加者に返金されますが、イベントへのアクセスは保持されます。
  • 返金された参加者は、登録としてカウントされます
  • 参加者をブロックすると、参加者はイベントから削除され、このイベントに再登録することはできなくなります。
  • 参加者に返金してブロックすると、返金が処理され、同じイベントの別のチケットを購入できるようになります。
  • システムは同じメールアドレスに対して複数の招待を許可します。 たとえば、2人の異なる購入者が同じ個人のためにチケットを購入した場合、返金を要求するように購入者の1人に通知するのはその個人の責任です。 個人が最初に受け入れるチケットは、イベントダッシュボードの[参加者]タブに表示されます。

参加者に返金する方法

方法1

  • [イベントダッシュボード] > [ゲスト] > [登録者] ページに移動します。 
  • 検索ボックスを使って参加者のメールアドレスを検索し、[編集]ボタンをクリックします。

Hopin-Online-venue-for-Virtual-events__2_.png

  • モードウィンドウが表示されたら、右上の[返金]ボタンをクリックします。
  • 参加者をブロックし、今後新しいチケットを購入できないようにするには、下部にあるブロックボタンをクリックします。

Screenshot_2021-07-10_at_11.21.17.png

注:参加者に払い戻しを行い、同じメールアドレスを使用して別のチケットを購入してもらいたい場合は、上記の方法で参加者への返金+ブロックを行う必要があります。

イベントのモデレーションに関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。

方法2

ストライプダッシュボードから

  • https://dashboard.stripe.com/payments?status%5B%5D=successful
  • 返金の対象となる支払いは、支払いの概要ページで確認してください。
  • 料金の右側にある•••アイコンをクリックします。 表示されるメニューから、[支払いの返金]を選択します。 Screenshot_2021-03-18_at_14.08.10.png
  • デフォルトでは、全額返金が行われます。 一部返金の場合は、別の金額を入力して返金を行います。
  • 返金の理由を選択します。 [返金]をクリックします。
  • または、支払い自体をクリックして、次のページで[返金]をクリックすることもできます。 Screenshot_2021-03-18_at_14.11.23.png

返金の発行について知っておくべきこと

オーガナイザーが全額返金した場合、参加者が支払った全額が返金されます。 これは、オーガナイザーがいくらかの損失を被ることを意味します。 例として:

  • 参加者がグロースのオーガナイザーが主催するイベントのチケットを100ドルで購入します
  • Hopinは$4(4%の手数料)を取得します• ストライプは〜2.9%+ 30セントを取得します
  • オーガナイザーは残りの93ドルを取得します。
  • オーガナイザーが返金すると、参加者は100ドルを取り戻します。
  • Hopinとストライプは手数料を保持します。
  • オーガナイザーの純売上高は、ストライプとHopinの料金に加えて返金のために-$7になります。
  • Hopinとストライプは、関連するすべてのチケットの手数料を保持します(オーガナイザーはこの費用を負担する必要があります)。

返金が行われてからお客様が入金を確認できるようになるまで、5〜10日かかります。

ストライプで発行する返金の詳細については、こちらをクリックしてください。

 

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?