メインコンテンツへスキップ

Hopinでイベントを開催するための推奨技術仕様

  • 更新

All_plans_.png5.jpg

HopinはCPU使用率の高いプラットフォームです。 正確な仕様は定められていませんが、イベントの開催を成功させるための推奨事項は存在します。

プロセッサー

単純化して言うと、クアッドコアのCPUは、1つのチップに4つの演算回路(コア)を搭載しています。 これにより、ソフトウェアは(シングルコアのCPUの場合のように)一度に1つのコアを使用する代わりに、複数のコア間で処理の負荷を分散させることができます。
最近のクアッドコアCPU(インテルCore i7やAMD Ryzen)では、動画のレンダリング、ゲーム、Webの閲覧、スプレッドシートでの作業、グラフィックデザインなどが可能です。 これらのタスクを1つまたは2つ同時に実行する場合は、十分なパフォーマンスを期待できます。 ところが、いくつものタスクを同時実行すると、CPUが全てのタスクを維持するのに苦労する場合があります。

Hopinでは大量の動画が処理され、特に、話し手やプレゼンターが動画やプレゼンテーションを画面共有する場合はそれが顕著です。 また、例えばオーガナイザーがOBSからRTMP経由で動画をストリーミング配信しながら、同じコンピューター上でステージへの出力を視聴している場合も同様です。 こうした理由から、少なくとも最近発売されたクアッドコア(またはより上位の)のプロセッサーを1つ利用することで、ストリーミング中の品質低下やオーディオとビデオのフリーズ、共有画面のぼやけといったパフォーマンスの問題を最小限に抑えることができます。

インターネット

インターネットの速度としては、アップロード・ダウンロード共に30Mbpsを推奨しています。 インターネットの速度はhttps://www.speedtest.net/を利用してチェックすることができます。
ダウンロード・アップロードの速度が最低でも10Mbpsあれば何とか使えますが、ストリーミングサービスやビデオ・オーディオの品質に影響が出る可能性があります。
最低10Mbpsのアップロード・ダウンロード速度でも使用可能ですが、ストリーミングサービス、ビデオ、オーディオの品質に影響を与える可能性があります。
最高の体験のためには、50 Mbpsのアップロード/ダウンロード速度をお勧めします。

ブラウザ

Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge(chromium版)の最新版を利用することを強くお勧めします。 詳細はこちらの記事でご確認ください:Hopinのオンラインイベントとブラウザの互換性

ネットワーク接続

最小要件

少なくとも、TCPの443番ポートが開放されていること。 ファイアウォールやプロキシのルールによっては、443番ポートでSSLトラフィックのみが許可されている場合があります。 Web以外のトラフィックもこのポートを通過できるように設定が必要です。

使用感を高めたい場合

最小要件を満たすことに加え、当社ではUDPの3478番ポートの開放も推奨しています。 このポートは、STUNサーバーと呼ばれるハードウェアによって使用されます。 このサーバーは、通話の参加者と参加者の間にファイアウォールが存在する場合に、接続を確立するために使用されます。

最高の使用感を得たい場合

使用感を最大限に高めたい場合は、UDPの1025~65535番ポートを開放することをお勧めします。 これらのポートを開放すると、中継用のSTUN/TURNサーバーが不要となり、メディアトラフィックのホップ数を削減できます。

オーディオやビデオに影響が出るセグメント:バックステージ、セッション、ネットワーキング

影響を受けるセグメントでは全て、メディアストリームを介して最高のビデオ品質を確保するためにUDPを活用しています。 上記のポートがブロックされている場合、オーディオやビデオの品質に影響を及ぼし、品質の低下やストリームのフリーズ、解像度の低下といった結果をもたらします。 また、ファイアウォールの制限が厳しく、TCPトラフィックでさえもホワイトリスト登録されているものしか許可されていない場合は、オーディオやビデオに完全にアクセスできなくなる事態も生じます。

こちらの記事では、ネットワーク接続の設定についてさらに詳しく見ることができます。

オーディオ/ビデオ

プラットフォームへの対応状況を確認するために、イベントの前にオーディオとビデオのテストを行うのがベストです。 当社では、Hopinストリームテストを実行することを推奨しています。 このテストでは、オーディオとビデオの構成をチェックし、全て想定通りに機能するか確認できます。

問題が発生した場合は、こちらの「Windows 10でのカメラ・マイクの問題」の記事か、「Macでのカメラ・マイクの問題 」の記事がトラブルシューティングに役立ちます。

 

この記事は役に立ちましたか?