RTMP経由でのストリーミングの問題

  • 更新

No_Free.png
5.jpg

サードパーティのアプリケーション(ストリームヤードやOBSなど)からRTMP経由でHopinにストリーミングすると、ビデオのぼやけやフリーズなどの問題が発生する可能性があります。 発生する可能性のある問題を解決する方法をいくつかご紹介します。

ぼやけている、フリーズする、低品質での再生

ストリームの解像度は、ビデオをストリーミングするコンピューターのインターネット接続の速度と強度によって損なわれる可能性があります。 これを補うために、ストリームの解像度を変更する必要があります。 これらの変更を行うには、ストリーミングを停止する必要があります。

この記事でストリームヤードでストリーミングする方法を学ぶことができます。 より良いエクスペリエンスを提供し、Hopinでのストリーム品質の問題を回避するためにこの記事をお勧めします。

サードパーティのアプリケーションを使用している場合は、OBSでストリーミングする方法に関するこの記事でシステムをセットアップできます。 設定は他のほとんどのアプリで正常に機能するはずですが、この記事ではOBSに焦点を当てます。

OBSで解像度を変更するには、設定メニューに移動します。 そこからビデオタブを選択し、これらの設定を開くことができます。

一致させたい解像度設定を確認してください。

  • ベースと出力解像度が同じであることを確認してください
  • アスペクト比を確認し、16:9にします
  • 共通FPSが30になっていることを確認します

Screenshot_2021-06-05_at_11.03.58.png

:可変ビットレート(VBR)ではなく固定ビットレート(CBR)をお勧めします。 最高の品質を得るには、可能であれば通常は5000kbps程度にしてください。 システムまたはインターネット接続が対応できない場合は、より低いビットレート(約3000 kbps以下)を使用することをお勧めします。 テストを何回か行うとシステムの「スイートスポット」を見つけやすくなりなす。

ヒント:インターネットの帯域幅が低い場合は、1280x720の(出力解像度)でストリーミングできます。 ほとんどの参加者には違いがわかりませんが、これによりストリームの再生が大幅に向上します。

Screenshot_2021-06-05_at_10.48.10.png

RTMPプロバイダーを切り替える

上記の変更でストリームの品質が修正されない場合は、Hopinストリームプロバイダーを変更することをお勧めします。

イベントダッシュボード > 会場 > ステージでRTMPストリーム設定を生成する場合、2つの別々のRTMP URL(優先フォールバック)が作成されます。 優先プロバイダーとしてAmazon IVSを使用し、フォールバックとしてMUXを使用します。

推奨されるプロバイダーは、ストリーミングソフトウェアで最初に使用するプロバイダーです。 ただし、それでもストリームが明確でない場合は、代わりにフォールバックプロバイダーを使用して状況が改善されるかどうかを確認できます。

注:変更を加えるには配信を停止する必要があります。

image2.png

ストリームをリセットする

上記の解決策を試してもストリームの品質に問題がある場合は、ストリームをリセットしてみてください。

ステージをリセットして(バックステージの右上にある黄色のリセットボタンを使用して)、作業を再開できます。

image1.png
注:リセットボタンを使用してRTMP経由でストリーミングしている間、ステージのRTMPキーの新しいセットが自動的に生成されることに注意してください。 ストリームを続行する前に、ストリーミングソフトウェアに新しいキーを入力する必要があります。 また、リセットボタンを使用するとステージの録画が2つの部分に分割されます。 1つはリセット前のストリーム、もう1つはリセット後のストリームです。

 

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?