セッションで話す、またはモデレートするためのヒント

  • 更新

All_plans_.png3.jpg

セッションで話したりモデレートしたりする前に

  1. 最新バージョンのChromeまたはFirefoxを使用していることを確認してください。

  2. Chromeがカメラとマイクにアクセスできることを確認してください。 Macの設定ビデオはこちら、PCの設定ビデオはこちらです。

  3. Hopinを使用するには、次のウェブサイトのドメインにアクセスできることを確認してください。 勤務先から提供されたデバイスやネットワークを利用している場合は、IT部門への確認が必要になる可能性があります。

    *.hopin.to *.tokbox.com *.pusher.com *.herokuapp.com *.mux.com *.twilio.com

    ネットワーク接続の詳細については、こちらをご覧ください。
  4. ブラウザとネットワークのストリーミングソフトウェアとの互換性はこちらで確認してください。

  5. オーディオをテストする(ベストプラクティスはヘッドフォンを使用することです。 これにより、エコーとバックグラウンドノイズが排除されます)

  6. ビデオを確認してください。 カメラを目の高さに置きます(必要に応じて本をコンピューターの下に置きます)

  7. コンピュータ上の気が散る通知をすべて消音します。 & 電話(邪魔しないでください)

  8. コップ一杯の水を用意してください

  9. 話している間はデバイスを動かしたり、紙で音を立てないようにしてください。

  10. 一般的なHopinトラブルシューティングのヒントはこちらで確認してください。

セッションの上限

  • セッションで最大の話し手の数は、録画されたセッションと録画されていないセッションのいずれでも20人です。
  • セッションを視聴できる参加者の最大数は、平均で500人ほどです。
  • 同時に作成・実行できるセッションと展示ブースの最大数は無制限です。 Hopinでのセッションの制限については、こちらをご覧ください。

Hopinのセッションには3つのタイプがあります

  1. セッションを開く
    [オーディオとビデオの共有]という青いボタンをクリックすることで、セッション内の人なら誰でもいつでも画面に表示できます。

    Screenshot_2021-06-19_at_12.03.40.png

  2. モデレートセッション
    イベントオーガナイザーは、選択したときにいつでも画面に表示(オーディオ/ビデオを共有)できるモデレーターを事前に決定しています。 参加者は、オーディオ/ビデオを共有して画面に表示するように要求できますが、画面に表示するにはモデレーターの承認が必要です。

    オーガナイザー向けの注意事項:モデレートセッションの場合、モデレーターは、イベントダッシュボードの[視聴できるユーザー]エリアと[参加できるユーザー]エリアの両方に追加する必要があります。

    モデレータービュー
    モデレーターは、オーディオとビデオの共有ボタンをクリックして画面に表示できます。参加者が画面に表示されるよう求めると、その人の名前とプロフィール写真が左下のモデレートパネルの下に表示されます。

    Screenshot_2021-06-19_at_12.05.18.png

    モデレーターは画面上に追加したい参加者のプロフィール写真にカーソルを合わせ、「+」記号をクリックしてその参加者を画面上に追加できます。

    Screenshot_2021-06-19_at_12.06.58.png

    参加者ビュー
    参加者(モデレーター以外)には、[オーディオとビデオの共有を依頼]という青いボタンが表示されます。 モデレーターが画面上に出席者を追加するには、このボタンをクリックしてキューに追加する必要があります。
  3. 招待のみのセッション
    イベントオーガナイザーが話し手を事前に決定しており、話し手は[オーディオとビデオの共有]という青いボタンをクリックすれば、いつでも画面に表示されます。 参加者はいつでも画面に表示できず、このボタンは表示されません。

    オーガナイザー向けの注意事項:「参加できるユーザー」で特定の話し手を追加できます。 これらの話し手は、イベントダッシュボードの「視聴できるユーザー」で参加者として追加する必要もあります。

     

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?