新しい登録スイート:チケットの作成方法

  • 更新

All_plans_.png5_copy.jpg

イベントのチケットを設定する前に、イベントの登録に関するグローバル設定が必要です。 にログインします。

チケット(有料または無料)を作成するには、「イベントダッシュボード」 > 「登録」 > 「チケット」から「チケットを作成」をクリックします。

Screenshot_2021-08-16_at_16.14.04.png

次の項目を入力します。

Screenshot_2021-08-16_at_16.21.04.png

  • チケット名
  • チケットの説明
  • チケットタイプ:有料または無料を選択します。
  • 価格:有料オプションを選択した場合
  • チケットグループ:各チケットを1つのチケットグループに紐づけます。 複数のグループに紐づけることはできません。 チケットグループは必須のため、少なくとも1つのチケットグループがデフォルトで作成されます。
  • チケットの登録数上限:このチケットに関しての最大登録数です。 この数字が「全体での最大登録数」(「登録」 > 「詳細」から確認)を超えている場合、このチケットの実際の最大登録数は「全体での最大登録数」が上限となります。
  • アクセスタイプ:「ハイブリッド」または「バーチャル」のいずれかのチケットを選択します。 「ハイブリッド」を選択すると、参加者はQRコードを受け取り、オンサイトイベントにアクセスできるようになります。
  • チケットのステータス:オープンまたはクローズド。 チケットが「クローズド」に設定されている場合、「登録」画面では無効化されます。 引き続き表示はされますが、参加者がチケットを選択したり、このチケットの購入処理を行うことはできなくなります。

高度な設定」ボタンをクリックすると、次の項目が表示されます。

Screenshot_2021-07-09_at_11.20.35.png

  • チケット販売開始(日付 & 時刻):「登録」画面でチケットがいつ有効になるかを設定します。
  • チケット販売終了(日付 & 時刻):「登録」画面でチケットがいつ無効になるかを設定します(引き続き表示はされますが、参加者がチケットを選択したり、このチケットの購入処理を行うことはできなくなります。
  • キャンセル待ちの上限:このチケットに対するキャンセル待ち名簿の最大人数です。 この数字が「全体でのキャンセル待ちの上限」(「登録」 > 「詳細」から確認)を超えている場合、このチケットに対するキャンセル待ちの実際の上限は、「全体でのキャンセル待ちの上限」までとなります。

    注意:キャンセル待ち名簿機能は、予約システムとしては機能しません。 キャンセル待ち名簿に登録された参加者は、チケットに空きが出た場合にメールで知ることができますが、自動的にチケットの予約が行われることはありません。 チケットに空きが出た場合、チケットを購入するにはイベント登録ページにアクセスする必要があります。

  • プライベートチケット:チケットを非公開にして、プライベートリンクを通じてのみ取得可能にしたい場合は、このボックスにチェックを入れます。 プライベートチケットは話し手およびスタッフ用として最適です — 例えば、通常のチケットが有料の場合に、無料のプライベートチケットを作成することができます。 チケットがプライベートの場合、チケットページに戻り、「コピー」ボタンをクリックしてプライベートチケットのURLをクリップボードにコピーし、ゲストに直接送信することができます。 このURLからはイベントの通常の登録ページが開きますが、彼らにのみプライベートチケットが表示されます。

Screenshot_2021-08-16_at_16.30.35.png

チケットを作成したら忘れずに保存します。

参加者のチケットタイプを変更することはできますか?

登録者のチケットタイプを変更する場合、オーガナイザーは必ず全額払い戻しを実行し、参加者に該当のチケットタイプでイベントに再登録するよう依頼する必要があります。

注意:イベントが複製された場合、イベントのチケットも複製されますが、元のチケットグループとの紐づけは行われません。 オーガナイザーは、各チケットを正しいチケットグループに手動で紐づける必要があります。 このため、テスト目的でのみ重複イベントを使用することをお勧めします。

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?