参加者にメールを送信する方法

  • 更新

All_plans_.png

メールを使えば、イベントの詳細について参加者と簡単にやり取りできます。 Hopinに組み込まれている参加者へのメール送信機能を使えば、参加者全員に一斉メールを送信することができます。

改良版ではメール作成のワークフローが刷新され、次のようなイベントオーガナイザー向けの新機能が用意されています。

  • 複数のメールを作成し保存する機能
  • 編集済みまたは送信済みメールのステータスを確認する機能
  • 以前に作成したメールを複製し、再利用する機能
  • 編集、プレビュー、テスト、送信の手順を個別で利用できるようワークフローの構成を改善
  • 複数のチケットグループにメールを送信する機能:
  • 指定の日時に送信されるようにメールの設定をする

メール機能を利用する方法

参加者へのメールの送信ページで、まだメールを作成していない場合、メールを作成ボタンを押すと空白のページが表示されます。 または、既にいくつかのメールを作成している場合は、一覧が表示されます。

image5.png

注意事項

image6.png

各ボタンの機能は見た目通りで、左から順に次のようになっています。

  • リストビューでは、複数の告知メールを同時に表示させることができます。
  • 必要に応じて、さまざまな告知メールを参加者に送信することができます。
  • メールの複製
  • メールの削除

各ボタンの機能は見た目通りで、左から順に次のようになっています。

注意: ページ左下の「メールを作成」ボタンを利用する場合は、メールエディタのページが直接開きます。

カスタマイズを始めるには、既存のメールの「メールを編集」ボタンをクリックするか、ページ左下の「メールを作成」ボタンをクリックします。

how_to_send_emails_updated_screenshot.png

メールエディタページの見た目は次のとおりです。

1. メールの送信先を選択できます。 特定のチケットグループや参加済みのユーザーにメールを送信できます。

最初のドロップダウンメニューでは、次を選択できます。

  • 登録者全員
  • 参加者全員
  • 不参加者全員
  • 登録待ちのユーザー全員

2番目では、作成したチケットに応じて、個別のチケットタイプを選択できます。

new.png

備考:現時点では、個々の参加者にメールを送信することはできません。

2. 「メール名」と「件名」をカスタマイズし、「プレヘッダー」を追加できます。

3. ツールバーを使ってメールの本文を編集できます。

4. メールの本文はここで編集できます。

5. 用意されているパーソナライゼーション用タグを自由に使うことができます。

6. 「すべて表示」をクリックすると、利用可能なタグの一覧が表示されます。

7. メールの準備ができたら、「保存してプレビュー」ボタンを使って次のステップに進みます。

8. メールの編集を別の機会に行いたい場合は、左上の「X」をクリックしてエディタを終了します。

注意:メールに対して行った変更はすべて自動保存されます。

 

他の留意点:

  • リストビューでは、複数の告知メールを同時に表示させることができます。
  • 必要に応じて、さまざまな告知メールを参加者に送信することができます。

メールのカスタマイズが完了したら、右上の「保存してプレビュー」ボタンを押すと、「プレビュー」ページが開きます。

注意:メールに対して行った変更はすべて自動保存されます。

image8.png

ここでは次のことができます。

1. どの参加者の立場でメールをプレビューするか選択

選択したユーザー名でテキストが更新されます。

image9.png

2. テストメールの送信

ここでは、テストメールを受信するさまざまな参加者を選択することができ、メールはそれぞれに応じた表示内容となります。 また、「送信先」メールアドレスも指定できます。 準備ができたら、右下の「テストメールを送信」をクリックします。

image10.png

3. メールが指定の日時に送信されるように設定する

メールを送信」ボタンの横にある小さな矢印をクリックしてから、「後で送信」をクリックして、別の時間にメールをスケジュールします。 詳細については、こちらのガイドをご覧ください。

send_later.png

 

4. 本番メールの送信

イベントの登録済み参加者全員に最終的なメールが送信されます。 メールを再度チェックして、本当に送信の準備ができているか確認してください。

image11.png

5. プレビューページの終了
左上の「X」ボタンをクリックすると、メールの一覧ページに戻ることができます。

メールが送信されると、メール一覧の表示が次のように変わります。

image12.png

ここでは次のことができます。

  • メールが「送信済み」になったことを確認できます。
  • メールの送信日時を確認できます。
  • ボタンを使って、「送信済みメールの確認」、「メールの複製」、「メールの削除」を行うことができます。
注意:送信済みメールの確認」ボタンは、参加者に送信されたメールの内容を表示するだけの機能です。

image13.png

メールのカスタマイズ方法

「参加者へのメール送信」ワークフローは、テンプレート言語「Liquidテンプレート」にも対応しており、メールテンプレートに変数を挿入することができます。 詳細を知りたい場合は、Liquidのマニュアル類を確認することをお勧めします。

下記は対応しているタグの一覧です。

  • {{user.name}} 受信者のフルネーム
  • {{user.first_name}} 受信者の名
  • {{user.last_name}} 受信者の姓
  • {{event.name}} イベント名
  • {{event.link}} イベントの登録ページへのリンク、または受信者専用のイベントへのマジックリンク
  • {{event.calendar_link}} イベントへのリンクまたは受信者専用のマジックリンクが含まれる、ダウンロード可能なカレンダーアイテムへのリンク
  • {{ticket.label}} 受信者が持っているチケットの名称
  • {{registration.price}} 受信者がチケットを購入するために支払った価格
  • {{event.currency}} チケットの購入に使用された通貨
  • {{event.original_picture}} オリジナルサイズのイベント写真のURL(画像ソースとして使用)
  • {{event.medium_picture}} 200*200 px版のイベント写真のURL(画像ソースとして使用)
  • {{organiser.medium_picture}} 組織のプロフィール写真のURL(画像ソースとして使用)
  • {{event.todays_schedule}} 今日のスケジュールを一覧表示
  • {{event.tomorrows_schedule}} 明日のスケジュールを一覧表示
  • {{event.todays_speaker}} 今日の話し手を一覧表示
  • {{event.tomorrows_speaker}} 明日の話し手を一覧表示
  • {{extra.redeem_link}} 「返事待ち」ステータスの参加者にMagic Linkを送信

パーソナライゼーション用タグはクリックするだけで簡単にコピーできます。

emails_1.png

クリックすると、タグがクリップボードにコピーされ、必要に応じてメール本文に貼り付けることができます。

emails_3.png

メールのカスタマイズ方法は主に2通りあり、詳細は下記のとおりです。

1. プレーンテキストを使ってHopinでメールをカスタマイズする

下記のサンプルメールをコピーして、メールボックスに貼り付けることができます。

{{user.first_name}}さん、こんにちは。 

{{event.name}}の2日目が始まりました!

こちらからイベントに参加できます:{{event.link}}

お会いできるのを楽しみにしています。

メールエディタには次のように表示されます。

Screenshot_2021-07-24_at_14.58.39.png

プレビューは次のように表示されます。

Screenshot_2021-07-24_at_15.06.06.png

メールの編集を続けるには、黄色の「編集に戻る」ボタンをクリックします。

メールのプレビューに満足した場合、登録済み参加者全員にメールを送信するには、右上の「メールを送信」ボタンをクリックします。

注意:ハイパーリンクを利用したい場合は、パーソナライゼーション用タグを使用できます。 その方法は次のとおりです。
  • イベントのリンクや参加者名など、ハイパーリンクにしたいテキストをハイライト表示します。
  • ツールバーの「リンク」アイコンをクリックして、ハイパーリンクを編集します。
    Screenshot_2021-07-24_at_15.13.18.png
  • URL欄に使用したいパーソナライゼーション用タグを入力します。 タグ(例:{{event.link}})を使用している場合は、「プロトコル」を<other>に変更します。 直リンクを使用している場合は、プロトコルをhttp://のままにしておきます。
    Screenshot_2021-07-24_at_15.17.31.png

2. サードパーティのメールビルダーからHTMLコードをインポートする

この方法を使えば、MailChimpなど他のメールサービスプロバイダーでメールを作成することができます。 その後、メールキャンペーンのHTMLコードをHopinにインポートします。

A. MailChimpでメールキャンペーンを作成します。

  • イベントの詳細と画像をキャンペーンに追加します。 MailChimpで、Liquidテンプレート(例:{{user.name}})を忘れずに追加するようにしてください。
    注意:後でHopin側で一意のハイパーリンクを設定するために、MailChimpでハイパーリンクのプレースホルダーを挿入してください。 例えば、マジックリンク用のボタンを作成する場合は(プロユーザーのみ)、MailChimpで「https://mynmame.com」などダミーのURLを入力しますその後、Hopinでメールを編集する際に、適切なLiquidテンプレート(例:{{extra.redeem_link}})を挿入します。
  • 作成したメールを自分宛に送信します。
  • メールをテンプレート として保存します。
  • HTMLコードをエクスポートします。

B. HopinにHTMLコードを追加します。 こちらでサンプルコードをご覧ください。

  • Hopinで「ソース」ボタンをクリックし、MailChimpからエクスポートしたHTMLコードをコピーして貼り付けます。
    Screenshot_2021-07-24_at_15.27.48.png
  • キーボードのCtrl/CmdキーとFキーを押し、「MC_PREVIEW」と入力してコード内を検索します。
  • 下のコードをハイライト表示させ、「削除」をクリックします。 この操作で、MailChimpからHopinのメールに引き継がれたすべてのプレビュー情報が削除されます。
    <!--|IF:MC_PREVIEW_TEXT|-->

    <!--[if !gte mso 9]><!----><span class="mcnPreviewText"

    style="display:none; font-size:0px; line-height:0px; max-height:0px; max-width:0px; opacity:0; overflow:hidden; visibility:hidden; mso-hide:all;">|MC_PREVIEW_TEXT|</span>

    <!--<![endif]--> <!--*|END:IF|*-->
    Screenshot_2021-07-24_at_15.40.08.png
  • もう一度「ソース」ボタンをクリックします。 これで、HTMLコードではなくメールの内容が表示されるはずです。
    Screenshot_2021-07-24_at_15.43.44.png
  • プレビュー後テストメールを送信して、満足できたら参加者全員に送信します。

Hopinメールに画像を追加する方法

MailChimpなどのサードパーティーメールビルダーを使うか、Hopinで直接行うことができます。 Hopinで行う方法:

  • メールをカスタマイズし、メール本文内の画像をアップロードする場所にカーソルを移動させます。
  • 画像」ボタンをクリックします。
    Screenshot_2021-07-24_at_15.46.50.png
  • サーバーを検索」をクリックします。
    image15.png
  • アップロード」をクリックします。
    image16.png
  • コンピューターから画像を選択し、アップロードして、アップロードした画像をクリックします。この例では「Picture.png」です。
    image17.png
  • 右下の「OK」をクリックすると、メールに画像が挿入されます。
    image18.png

以上で、 Hopinのカスタムメールに画像が追加されました。

 

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?