Hopinイベントでのカスタムドメインの使用

  • 更新

organizers_only.jpgadvanced.png

カスタムドメインを使用すると、イベント担当者は、イベントにアクセスする参加者に表示されるURLをカスタマイズして、イベント体験をブランディングできます。

カスタムドメイン(別名カスタムURL)とは?

カスタムドメインは、イベントのウェブサイトやイベントページのURLでブランドのアイデンティティを表現するための柔軟さをもたらしてくれます。

カスタムドメインを使用すると、ブランド化されたURLをオーディエンスと共有できます。例: https://mybigevent.mycompany.comhttps://live.hybridworking2022.comなど

会社のドメインを使用できるページは次のとおりです。

  • イベントページ(イベント内)
  • Canvasページ

いくつのカスタムドメインを持つことができますか?

上位プランのお客様は、1契約につき最大10個のカスタムドメインをご利用になれますが、これらは個別に購入しないといけない場合があります。

一度に使用できるカスタムドメインは、1イベントにつき1つのみです。 一度に1つのカスタムドメインしか使用できないため、以前のイベントからドメインを削除する場合に限り、別のイベントでカスタムドメインを再利用できます。

注:Hopinイベントでドメイン名を使用するには、そのドメイン名を所有している必要があります。 Hopin経由でドメインを購入することはできません。

カスタムドメインを設定する方法

カスタムドメインを設定し、カスタマイズされたURL経由でイベントにアクセスしてもらう方法については、このステップ・バイ・ステップガイドに従ってください。 タブを選択してDNS設定を完了すると共に、Hopinイベントダッシュボードで行う必要があるステップを確認します。

  • イベントエクスペリエンス

    カスタムドメインのCNAMEレコードを作成し、それを proxy-ssl.hopin.com1にポイントします。
    通常、これが実際のドメインのサブドメインになります。例:http://live.myevent.com(「live」の部分はイベント体験を高めるために使うサブドメインです)

    注:必要に応じて、サブドメインなしでルートドメインを使用できる場合がありますが、これはドメインホスティングプロバイダによって異なります。 DNS仕様は、ここで必要とされる名前付きURLへのルートドメインのポインティングを厳密にサポートしていません。

    Canvas登録ページ

    登録ページの別のCNAMEレコードを作成し、proxy-ssl.hopin.comをポイントします。 例:https://tickets.myevent.com

    注:これは、イベントにHopin登録ページを使用していない場合はオプションですが、Hopinクラシック登録ページではカスタムドメインURLをサポートしていません。

    Hopinカスタマーサクセスマネージャーに連絡する

    イベント担当者がステップ1を、また必要に応じてステップ2を完了したら、組織のHopin連絡先に連絡してください。

  • Hopinでカスタムドメインの設定を完了するには、「イベントダッシュボード」>「高度な設定」>「カスタムイベントURL」にアクセスしてください。 「保存」をクリックした後にDigiCertからSSL証明書をプロビジョニングできるように、以前Hopinプロキシに指定したCNAMEレコードを入力する必要があります。

    注:イベント担当者が認証局承認(CAA)レコードを持っている場合は、SSL証明書をプロビジョニングまたは更新できるように、digicert.comがレコードにリストされていることを確認してください。 現在、Hopinは事前にプロビジョニングされたSSL証明書をサポートしていません。

    カスタムURLの設定を完了するには、以下に示す情報を入力してください。

    保存」をクリックして、現在のカスタムドメイン構成を保存します。 これにより、自動的にHopinのDNSレコードが設定されます。

    setup.png

    すべてが正しくセットアップされ、Hopinによって検証されると、ドメインとCanvasドメインの両方のステータスインジケータ(「ホスト名ステータス」と「SSLステータス」)が緑色に変わります。 これには数分かかる場合があります。 

    green_2.png

    それらが緑色になり、イベントページをライブにする準備ができたら、アクティブドメインを「オン」に切り替えてドメインを有効化できます。 この切り替えにより、ユーザーのブランドURLが有効になり、誰でもアクセスできるように一般公開されます。 ただし、このチェックボックスは、イベントドメインとドメインステータスインジケータが緑色になるまで有効にしないでください。

    turn_on_for_users.png

    最後に、カスタムファビコン(オプション)を追加できます。 このイベントに関連するカスタムファビコンをアップロードできます。 ファビコンは、イベントへのアクセス時に表示されます。設定を有効にしている場合は、Hopin Canvas登録ページにも表示されます。

    • ファイル形式:.ico
    • 画像サイズ:最大64 x 64ピクセル
    • ファイルサイズ:150 KB未満

カスタムURLを削除する方法

Hopinでカスタムドメイン構成と関連DNSおよびSSL構成データを削除したい場合は、「削除」ボタンをクリックします。 イベント担当者は、DNS構成中にステップ1および2で行ったDNSエントリを変更/削除する必要があります。

delete.png

注:イベントがライブになっている間は、削除ボタンは表示されません。 イベントの開始前または終了後にのみ、カスタムURLを削除できます。 

ホワイトラベルのイベントでのイベント体験に違いはありますか?

はい、イベント体験を通じて一貫したブランドイメージを維持するのに役立つさまざまな相違点があります。

  • 右上のメニューから「マイアカウント」が除去されます
  • カレンダーに追加:カレンダーイベントの説明に事前に入力されているイベントのリンクもホワイトラベル付きです 
  • Hopinロゴ(左上):Hopinロゴをクリックすると、通常、ユーザーはhopin.comにリダイレクトされますが、このクリックが無効化され、何も起こりません
  • ユーザーがログアウトすると、組織のプロフィール設定に入力・設定されている限り、主催者のウェブサイトまたはCanvas登録ページにリダイレクトされます。 
  • イベントの最後に、参加者はイベント後のアンケートに入力するように求められます。 その後、参加者は、設定されている場合、主催者のウェブサイトまたはCanvas登録ページにリダイレクトされます。

よくある質問

質問:ホワイトラベルのイベントのマジックリンクはカスタムドメインでブランド化されていますか?

回答: はい。ただし、それらがカスタムドメインの設定後に送信される場合に限ります。 すでに送信されている場合、カスタムドメインが設定されると、マジックリンクがブランド化されたURLにリダイレクトされます。 ただし、送信メール内のマジックリンクはブランド化されません。

質問:クライアントがCanvasを使用している必要はありますか?

回答: いいえ。ただし、推奨しています。 ホワイトラベルのイベントを作成するためにCanvasを使用する必要はありませんが、カスタムドメイン登録ページが必要な場合はCanvasを使用する必要があります。

質問:カスタムドメインはSSOイベントをサポートしていますか?

回答:はい、しています! SSOからサインオンすると、参加者はCanvas登録ページに移動します。

質問:メールはホワイトラベル化されますか?

メールはまだサポートされていないため、noreply@hopin.comから送信されます。

 

ご質問がある、またはサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?