登録者レポート

  • 更新

organizers_only.jpgAll_plans_.png

登録者レポートには、イベントに登録した全員の情報が表示されます。 このデータを使用して、登録者のロケーション、登録方法、および購入したチケットに関する情報を見つけることができます。

注:このレポートでは、「イベント担当者パス」を使用したことがあるイベント担当者のみが除外されます。その他のイベント担当者および展示ブースの出展者は、データに含まれます。

レポートをダウンロードするには、[イベントダッシュボード] > [アナリティクス] > [レポート]に移動し、[登録レポート]を見つけて、[生成]をクリックします。 

registerrants_report_1.png

レポートが生成された後、「ダウンロード履歴」をクリックすると、レポートがリストの一番上に表示されます。 レポートにカーソルを当てると、「ダウンロード」ボタンが表示されます。 このボタンをクリックすると、レポートがコンピューターにダウンロードされます。

download_a_report_2.png

登録者レポートは次のようになります:

mceclip0.png

  • メール:参加者のメールアドレスです
  • 名:参加者の名
  • 姓:参加者の姓
  • 見出し:参加者のプロフィールに入力された見出し
  • 国:参加者の国(IPアドレスを使用して生成されるため、正確ではない可能性があります)
  • チケットタイプ:購入したチケットの名前
  • 登録ステータス: 「アクティブ」または「返金済み」として表示されます
  • 購入価格:チケットに支払われた金額 
  • プロモーションコード:適用されたプロモーションコードの名前または「プロモーションなし」
  • プロモーションバリュー:プロモーションコードで提供される割引額
  • 返金金額:参加者に返金された金額(もしあれば)
  • 登録元:参加者の登録元。登録ページの場合は「イベント」、またはマジックリンク機能でオンボーディングした参加者の場合は「マジックリンク」
  • 登録日:参加者がイベントに登録した日
  • 登録時間:参加者がイベントに登録した時間

追加の列

ハイブリッドイベントを開催したか、UTMコードを使用したか、または カスタム登録フォームを設定したかに応じて、追加の列がいくつか表示される場合があります。

  • 登録モード(ハイブリッドイベントのみ):参加者がオンラインまたは対面のどちらでイベントに登録したか
  • 参加タイプ(ハイブリッドイベントのみ):参加者がバーチャル、オンサイト、または両方のイベントに参加したかどうか
  • 最初のチェックイン(ハイブリッドイベントのみ):参加者が最初にチェックインしたイベント(オンサイトまたはバーチャルのいずれか)
  • 最初のチェックイン時間(ハイブリッドイベントのみ):オンサイトまたはバーチャルに関わらず、参加者が最初にイベントにチェックインした時間
  • UTM参照元:トラフィックを送信したサイトを識別します
  • UTMキャンペーン名:特定の製品プロモーションまたは戦略的キャンペーンを識別します
  • UTMメディア:どのタイプのリンクが使用されたかを識別します
  • UTMコンテンツ:ユーザーがサイトを訪れる際に具体的に何をクリックしたのかを識別します
  • UTMキーワード:検索キーワードを識別します
  • 完了されたカスタムフォーム:カスタムの登録フォームを作成した場合、完了されたかどうかが表示されます。 
  • 追加のカスタムフォームの質問:作成した各質問ごとに列が追加されます
ヒント: UTMの結果は、設定方法によって異なる場合があります。 詳細については、こちらのガイドをご覧ください。

ご質問がある場合やサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?