スケジュール済みのミーティングのレポート

  • 更新

organizers_only.jpgadvanced.png

スケジュールされたミーティングレポートは、アドバンスプランでのみ利用できます。 これには、作成されたすべてのミーティングの招待状の詳細と、招待状が承認されたか、拒否されたか、または保留中かどうかが含まれます。

ただし、このレポートには実際にミーティングに出席があったかは記載されません。 

注:このレポートには、オーガナイザーまたは展示ブースベンダーが参加するミーティングが含まれます。

レポートをダウンロードするには、[イベントダッシュボード] > [アナリティクス] > [レポート]に移動し、[スケジュールされたミーティングのレポート]を見つけて、[ 生成]をクリックします。

scheduled_meetings_report_1.png

レポートが生成された後、 「ダウンロード履歴」をクリックすると、レポートがリストの一番上に表示されます。 レポートにカーソルを当てると、「ダウンロード」ボタンが表示されます。 このボタンをクリックすると、レポートがコンピューターにダウンロードされます。

download_a_report_2.png

[スケジュールされたミーティング]レポートは次のようになります:

scheduled_meetings_excel.png

  • 作成日時:ミーティングが作成された時刻と日付
  • 作成者の名前:ミーティングを作成した参加者
  • 作成者のメール:ミーティングを作成した参加者のメールアドレス
  • 受信者の名前:ミーティングの送信先の参加者の名前
  • 受信者のメール:ミーティングの送信先の参加者のメールアドレス
  • 開始時刻:作成者が設定した、ミーティング開始予定の日時
  • 終了時刻:作成者が設定した、ミーティング終了予定の日時
  • 応答ステータス:受信者の応答に基づき、保留中、承認済み、または拒否のいずれかになる
  • ミーティングタイトル: 作成者が設定したミーティングのタイトル

スケジュールされたミーティングレポートを読む際には、作成されたミーティングごとに、少なくとも2つの行がレポート内に生成されることに注意する必要があります。

ミーティングの作成者もミーティングに参加している場合、最初の行に受信者と作成者が同一人物としてリストされ(結果的に作成者とされます)、次の行にミーティングの招待状の送信先である受信者が表示されます。

オーガナイザーは、実際にミーティングに出席しなくても、他の参加者間のミーティングを作成できることにご注意ください。 この場合、作成者はオーガナイザーとなり、その後の各行には、ミーティングの招待状の送信先である別の受信者が表示されます。

注:ミーティングには最大20人が参加できるため、ミーティングに招待された人数が多いほど、生成される行が多くなります。

作成日時 または ミーティングタイトル列を参照して、個々のミーティングを特定できます。 

注:参加者とオーガナイザーが広告ブロッカーを使用している場合、一部のアナリティクスに影響が出る可能性があります。

ご質問やサポートのお問い合わせは、support@hopin.comまでお気軽にお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?