Marketoアプリを更新してプログラムオブジェクトを使用する

  • 更新

Biz_Enter.png

Marketo.png

2022年2月1日より前にMarketoアプリをインストールした場合、期待どおりの結果を得るには、いくつかの機能をアップデートする必要があります。

必要な変更を適用するには、以下の手順に従います

1 - 作成したAPIユーザーロールを更新し、次のアクセス許可も付与します。

  • アクセスAPI > 読み取り-書き込みアセット

2 - プログラムメンバーオブジェクトに2つの新しいフィールドを作成します。

  • 統合コード
  • マジックリンク

3 - 次のとおりにWebhookを更新します。

  • 値:lead_id={{lead.Id}}&program_id={{program.id}}
  • URL:アプリのインストール処理の最後に提供される新しいURL

4 - 登録データを収集するためにフォームを使用している場合は、フォームの場所に応じて、さまざまな変更を行う必要があります。

  • Marketoのフォームの場合:既存の「統合コード」フィールドを、ステップ2で作成した新しいフィールドに置き換える必要があります
  • 外部フォームの場合:Marketoでコンタクトがプログラムメンバーとして作成されることを確認する必要があります(こちらの記事で、 コンタクトがプログラムメンバーとして作成される状況について説明していますのでご確認ください)。 プログラムメンバーとして作成していない場合の簡単なソリューションは、プログラムステータスフローを変更を使用することです。

これらを設定した後、HopinからMarketoアプリの統合をもう一度実行してテストすると、プログラムにメンバーとして新しい登録が追加されます。利用できます。

Screenshot_2022-02-09_at_10.10.18.png

Marketoアプリを更新すると、以前に作成したリードとそのマジックリンクはどうなりますか?

マジックリンクは引き続き有効ですが、メールツールとしてMarketoを使用する場合、参加者にマジックリンクを送信するときには適切なフィールドを使用する必要があります。

ご質問がある場合やサポートが必要な場合は、support@hopin.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?